12/04/2024

面接当日までにしっかり対策をしておきましょう

介護職の面接では、面接官に対して面接を受ける人が聞きたいことはないかと聞かれる可能性が高いでしょう。
面接を受けている人が面接官に質問する逆質問では、介護職や介護施設にどのくらい興味や理解があるか試されていると言っても過言ではありません。
逆質問を苦手に思っている人は少なからずいますが、ポイントを押さえておくことで面接官の意図に沿った回答をすることができます。 
逆質問のポイントは、逆質問はないと答えないことや簡潔に聞くこと、仕事内容について詳しく聞くことなどです。
面接は仕事への熱意ややる気を示す機会なので、特に質問はないと答えてしまうことでマイナスイメージを持たれないようにしましょう。
また、長々と質問するのではなく分かりやすく質問することで面接時間を有効に使えるようになります。
自分はこう思うと考えを伝えた後に、面接官や介護施設はどう思っているか聞くのがおすすめです。
逆質問として聞くと好印象を与えるのは、介護職として働く際の1日のスケジュールや入社前に準備しておくことなどです。
他には、仕事内容に関する質問では今後のキャリアアップや資格についての質問がおすすめです。
キャリアアップの逆質問をする際は、今後目指す姿について答え、似たキャリアの人で以前成し遂げた人がいたか聞くとよいでしょう。
資格について逆質問する際は、面接時点で取得している資格を活かせるか、資格を取得したいが介護施設に支援制度はあるのかなど聞いてみてください。