17/11/2019

面接当日までにしっかり対策をしておきましょう

高齢化が進む日本社会では介護業界への需要が伸び続けており、安定した労働力確保のために各企業では積極的に介護スタッフの募集を行っています。
最近では介護資格無資格・業界未経験でも採用をしている企業もあり、介護業界への新規参入者も増えてきています。
しかし、より良い条件で働くためには、介護資格の取得は必須です。
まず、ホームヘルパーなど身体介護サービスの提供を単独で行う介護スタッフが取得必須となるのが、介護職員初任者研修資格です。
初任者研修資格を取得しているだけでもできる仕事の幅が広がり、面接を有利にすることができるでしょう。
そして、さらに面接を有利にするポイントは、初任者研修資格の上位資格にあたる介護職員実務者研修資格を取得しているかどうかです。
まず、実務者研修資格は指定の講座を受ければ、誰でも取得を目指すことができます。
講座の受講資格は特には設定されていないので、他業界の人でも取得を目指すことができるというのが特徴です。
そして、実務者研修資格を取得していれば、訪問介護事業所に必ず設置しなければなさらないサービス提供責任者になることができます。
もし訪問介護事業所がサービス提供責任者を設置していない場合、業務停止などの重い処分が下る可能性が出てくるでしょう。
そのため訪問介護事業所ではサービス提供責任者になることができる実務者研修資格取得者の採用を強く求めており、実務者研修資格を取得していれば面接でライバルと差をつけることができるのだ。